マーケティング系でオススメの人気Shopify(ショッピファイ)アプリ5選

今回は有料・無料で限定せず率直にオススメしたいShopify(ショッピファイ)アプリをご紹介します。
特にマーケティング系のShopifyアプリに厳選しましたので、マーケティング関連の施策や追加機能の実装を検討しているECサイトオーナー様、担当者の方に読んで頂ければ幸いです。

マーケティング系オススメShopifyアプリ

Shopifyアプリは有料と無料に分かれますが、無料だから悪い、有料だから良いといった価格だけで判断できるものではありません。
無料でも理想とする機能が実装できなければ他を検討すべきですし、有料であっても費用対効果(コストパフォーマンス)が合わなければ変える(または機能を減らす)必要があります。

Shopifyを用いたECサイト運営のメリットは「理想とするECサイト」を目指して構築していける点です。
もちろん規模によって使える予算は変わると思いますが、Shopifyアプリの多くはもの凄く大きな予算が必要なわけでもありません。また、規模に応じた従量制になっていることも多いですので、規模が小さいうちから適正価格で利用することができます。
最初から初期費用などで多くのコストが発生してしまうと「本当に回収できるのか?」と不安になりますが、Shopifyアプリならそれがないのも強みです。

大事なことは「こんな機能を実装したい」という実現したいイメージを強く持つこと。それにマッチするShopifyアプリを導入すべきです。

前置きが長くなりましたが、今回はマーケティング系でオススメのShopifyアプリを5つ紹介します。

Kit


料金体系
無料/広告費実費
KitFacebook広告を自動学習して最適化を図る提案をするマーケティング支援Shopifyアプリです。無料で利用できます。

Kitがストアの訪問者や購入者を分析し、ストアにマッチする広告配信を提案してくれます。まさにAIマーケティング担当者です。
Facebookの動的広告を設定して購入する可能性が高い顧客へリターゲティングをしたり、類似オーディエンスによって最適なターゲティングを獲得できます。

日々の業務でなかなか深く広告運用や検証ができないという悩みがあるECサイト担当者は多いのではないでしょうか。
特に個人規模や小規模事業者ですと実務的な作業が優先となって、なかなかマーケティングに多くの時間を割くのが難しいという現状がある方もいらっしゃると思います。
弊社でも本来はもっと広告検証や分析に時間を使いたいという思いは日頃から持っていますが、なかなか時間が取れません。(言い訳みたいですが・・・)
そこでKitを導入するとアクセスしてきたユーザーの行動や傾向に合わせて最適化して出稿すべき広告を提案してくれます。

まさしく24時間365日稼働し続けてくれますので安心して任せることが出来ます。
Kitが運用するデータをもとに意思決定するだけです。最適な予算、ターゲティング、クリエイティブなどを学習して、新たな商品開発や顧客へのアプローチをしていくことができます。

多くのShopify利用ストアが導入している王道のShopifyアプリと言えます。

ReConvert Upsell & Cross Sell


料金体系
30日間お試し無料/従量制/無料・$7.99・$14.99・$29.99
ReConvert Upsell & Cross Sellサンクスページ(注文完了画面)をカスタマイズできるShopifyアプリです。

お客様が購入を完了した後に表示されるサンクスページ。そこはつまりお客様にとって決済を完了した後のフェーズになるので、商品やブランドに対する理解は深まっていると考えられます。
そこで例えば、サンクスページにブランドオーナーからのメッセージを加えたり、次回使えるクーポンを発行したり、他の商品を紹介したりといったアップセル、クロスセル機能を実装できます。

800件以上のレビューが付いている中で5つ星となっているのを見ても満足度は高いShopifyアプリと言えます。

アップセル・クロスセル機能を実装するなら、このアプリで決まりです。

Affiliatly


料金体系
30日間お試し無料/従量制/$16・$24・$59・$129
Affiliatlyアフィリエイターやインフルエンサーさんの登録、リンク発行、報酬管理などができるShopifyアプリ。

ブランド展開において一つの選択肢になるのがアフィリエイターさんやインフルエンサーさんの活用です。
日本ではステマ問題やトレンドブログのアフィリエイトなど、ややマイナスなイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、海外では自社の商品やサービスの認知拡大をするためにアフィリエイトプログラム制度を設けていることは珍しくありません。

特にD2C系のブランドであれば中間業者のマージンを掛けることなく販売できるので、その分のコストをアフィリエイターさんやインフルエンサーさんに回して販促してもらうといった戦略は有効です。

とはいえ、実際に複数名のアフィリエイターさんをかかえると管理がどうしても煩雑になってしまいます。
そこでこのAffiliatlyを使うと、登録して貰ったアフィリエイターさんに専用アフィリエイトリンクを発行できます。もちろんアフィリエイト経由の売上も計測出来ますし、アフィリエイト報酬を何%に設定するかも自由に設定できます。

アフィリエイトは基本的に成果報酬型なので、広告費をかけるよりもアフィリエイターさんやインフルエンサーさんに依頼して、その分アフィリエイト報酬も一般的なASPなどより高めに設定するという形でお互いWINWINの関係を構築することも可能です。

アフィリエイト報酬の支払いはPaypalでの支払いも出来ますし、手動で銀行振込も可能です。
アフィリエイトの管理、リンク発行、報酬計算などが一元管理できる優れたShopifyアプリです。

Opinew Product Reviews


料金体系
14日間お試し無料
Opinew Product Reviewsはストアにレビュー機能を実装できるShopifyアプリ。

中でも既にAmazonで販売している商品であればAmazonレビューを同期(インポート)できる機能が人気です。
自社ECサイトのレビューは開店したばかりだと無い、あるいは少ない状態です。
仮にAmazonで販売実績がある状態でECサイトをオープン、あるいはAmazonの実績がある商品を出品する場合に、このOpinew Product Reviewsを使うことでAmazonレビューが同期できます。

厳密にはAliexpressやebayといったプラットフォームのレビューも同期可能ですが、日本国内であればAmazonが有効かなと思います。

Amazonレビューは文字通りお客様のリアルな声ですので、これから購入するお客様の参考になるのはもちろん、ストア自体のSEO対策にもなります。
Amazonで販売実績がある、もしくはAmazonでも併売している商品やブランドであれば、こちらを導入した方が良いでしょう。

Tidio Live Chat


料金体系
無料・$18
Tidio Live Chatはストアにライブチャット、ボット、マーケティングオートメーションを実装できるShopifyアプリ。

ボットであれば「よくある質問」にあるような顧客が質問しそうな内容をボットに仕込んで自動対応することができます。
ライブチャットは文字通り、アクセスしてきたお客様のお問い合わせや質問をライブで受け答えできます。企業向けサービスにはライブチャットが導入されていることも珍しくありませんが、今後は顧客満足度を向上させるための一環としてライブチャットが有効になってくる時代になるでしょう。

またカート落ちした顧客に対して自動的にフォローアップを行なう機能もあります。
顧客に対する一時対応の自動化や、リアルタイムでの対応が可能になります。

まとめ

今回ご紹介したマーケティング系のオススメShopifyアプリは文字通りマーケティングに関わる機能になるので売上にも直結する要素と言えます。
特に顧客対応やレビューといったお客様が購入前に判断する要素のフォローであったり、アップセル・クロスセルのように購入後の顧客単価を更に上げるための施策など実用的な機能が月額数十ドル前後で実装できます。

ストアの立ち上げ当初から導入しておくのも良いですし、もし売上に悩んでいる、あるいはもっと顧客単価や顧客満足度を上げたいといった要望のあるストアはぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

最後に余談ですが、弊社では最後にご紹介した「Tidio Live Chat」以外の4つのShopifyアプリは全て利用しています。

補足
ご紹介したShopifyアプリの価格・機能やサービスそのものの有無は時間が経つと変わっている可能性もあります。最新情報はShopifyアプリストアの各アプリページをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です