IT導入補助金2022 支援事業者として採択いただきました

合同会社FRONTIER TRADEはIT導入補助金2022における支援事業者として採択いただきました。

具体的にはShopifyを導入したECサイトの新規構築が対象となります。
そこで今回はIT導入補助金2022の内容ならびに当社の特徴などをご紹介させていただきます。

IT導入補助金とは?

IT導入補助金とは中小企業・小規模事業者等の生産性の向上のため、ITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する経費の一部を補助する事業のことです。

小規模事業者持続化補助金など様々な補助金の制度がある中で、IT導入補助金はその名の通りITツールの導入に特化した補助金となっています。

補助対象経費

補助金の対象となる経費はソフトウェア購入費、クラウド利用料、導入関連費、デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)です。
具体的なITツールは当社のような導入支援事業者が登録して承認を得ているツールに限定され、IT導入補助金の公式サイト内で検索できます。

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)枠

IT導入補助金2022には通常枠(A・B類型)とデジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)があります。
後者のデジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)は補助対象が会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトに特化しています。

通常枠の補助上限が経費総額の1/2以内に対して、デジタル化基盤導入枠はソフトが限定されているため経費総額の3/4以内あるいは2/3以内と補助率が高くなっています。

ECサイト構築を行なうShopify導入はデジタル化基盤導入枠に該当するため、通常枠よりも更に恩恵を受けることができます

※詳細はIT導入補助金2022公式サイトをご確認ください

ITツールとは?

IT導入補助金2022の中には様々なITツールが登録されています。

各ツールは当社のような支援事業者が登録(申請)を行ない、事務局によって承認されると利用可能となります。
当社が承認を受けているITツールはShopify(ショッピファイ)を使ったECサイトの新規構築です。

BASEなど他のツールは導入できないのと、ECサイトの”新規構築”が対象となるため新規ドメイン取得が条件となります。
そのため、例えばリニューアルをしたい場合は既存ドメインをご利用いただくことができません。

ITツール名:ECサイト制作(Shopify・立ち上げミニマムプラン)

それぞれ登録されたITツールのうち、単なるツール(ソフトウェア)の販売だけでなく、当社のようにECサイトの構築も手掛ける場合は構築費も含めた料金がITツールの料金として登録されています。

このことから、当社が得意とするミニマムながらも本格的なECサイトを新規構築するプランをご用意いたしました。
プランの概要は以下の通りです。

価格

483,520円~

価格の内訳

  • ECサイト制作費用:400,000円(税抜)
  • Shopifyベーシックプラン:月額3,480円(29ドル)×24か月=83,520円
  • Shopifyスタンダードプラン:月額9,480円(79ドル)×24か月=227,520円
  • Shopifyプレミアムプラン:月額35,880円(299ドル)×24か月=861,120円
※1ドル120円換算

価格が「から」となっているのはShopifyプランによって変動するためです。
今回のIT導入補助金2022では、導入するソフトウェアがサブスクリプションモデルの場合、その月額料金の2年分まで補助対象となっています
つまりShopifyのベーシックプランを選択した場合、当社での構築費用に加えてShopify月額料29ドルの2年分を加算した金額が最小価格となっていることになります。

対応内容

実際に対応する内容は通常のECサイト新規構築と大きな違いはございません。
以下の流れで構築を進めてまいります。

  • お打ち合わせにて要件定義と仕様策定
  • レイアウト案を制作してご提示
  • デザイン案を制作してご提示
  • コンテンツリストを作成してご提示
  • 当社にて開発環境(Shopify開発アカウント)を作成
  • 開発環境にてデザイン制作(コーディングなど)
  • 開発環境にて商品登録
  • 開発環境にて各種ページ作成
  • 開発環境にて各種初期設定(送料など)
  • 開発環境にて各種テスト
  • オーナー権限移行(月額使用料支払い開始)することで本番環境(公開可能)へ移行
  • ストアオープン
  • EC運営開始
※具体的な進め方はお客様とのやり取りで決定してきます。上記流れの一部工程は省略、あるいはプラスアルファの対応がある可能性もございます。

EC運営はリリース後がスタート

今回、IT導入補助金2022支援事業者としてShopifyを活用したECサイトの新規構築に対して補助金をご利用いただけることになりました。

特に当社のプランだと「デジタル化基盤導入枠」によって経費総額の3/4が補助される手厚い内容です。
実際に導入を検討されている事業者様には大きな恩恵であることは間違いないでしょう。
IT導入補助金をきっかけにECサイトを新規構築してEC運営をスタートされるには絶好のチャンスといえます。

とはいえ、です。

EC運営のゴールは新規構築が終わったタイミングではありません。
すでに過去の記事でも書いていますが、本当のスタートはオープン後。
EC運営には様々な施策や検証が求められる長い道のりです。

今回のIT導入補助金において、特に私が共感したのはサブスクリプションの料金を2年分補助してくれる点です。
Shopifyをはじめ、多くのITツール(SaaS)において買い切りではなくサブスクリプションモデルが主流となっています。

IT導入補助金を管轄する中小企業庁も概要説明に際して「継続的に使ってもらうこと」を重視していると話していました。
この点は私も大いに同感です。

どうしても補助金があることで新規構築のハードルは下がる一方、作って終わりになってしまうケースも少なくありません。
本質的には新規構築したECサイトをいかに成長させるか、が重要です。

その点、2年分のサブスクリプション費用も補助対象になっているのは理解があり、時代の流れをキャッチしていると感じています。

ぜひ、中長期的な視点に立ってECサイトの新規構築をご検討ください。

ご依頼・ご相談をお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。