Shopifyでショップ運営すればテレビ放映のチャンスを逃さない!

Shopify(ショッピファイ)でネットショップを運営するメリットはいくつもあります。

中でも今回ピックアップしたいのが「瞬間風速」について。
具体的には何らかのきっかけでショップに大量のアクセスが集中し、注文が殺到する状態です。

そのきっかけとして最も一般的なのがテレビで放映・紹介されたとき。
紹介のされ方は様々ですが、事前取材なしで突発的に紹介される場合も珍しくありません。

いかに自社商品やブランドを知ってもらえるか。
普段から試行錯誤してるオーナーさんや事業者にとって、テレビ放映はまたとない知名度アップのチャンスです。

Shopifyならチャンスを逃さない

近年はテレビ離れが進んでいるといわれています。
テレビ自体を持っていない、あるいは多くの時間でインターネット番組やYouTubeを観ているという人も少なくないでしょう。

とはいえ、まだまだテレビの威力・影響力は絶大です。
今をときめく人気俳優や芸人が特定のブランドや商品を紹介した日にはショップにアクセス殺到。あっという間に在庫切れ完売御礼も期待できます。

しかし、それは「普通にアクセスできて決済できる状態に限る」ことを忘れてはいけません。

テレビ放映の効果

自社商品やブランドの認知度を向上させる施策は様々ありますが、中でもテレビでの放映・紹介は大きな効果が得られます。

テレビ放映のされ方は様々です。
テレビCMに代表される事業者側がお金を払って露出する方法が知られていますが、人気商品・注目ブランドなどであればテレビ番組側からオファーが来ることも珍しくありません。
またトーク番組などで俳優さんや芸人さんがプライベートで使っている、あるいは購入した、といった自然発生的に紹介されるケースもあります。

理想としては番組からのオファーだったり、有名人の口から出た言葉であれば信頼性もアップします。しかも費用は掛かりません。

こちらがお金を支払う広告的な場合でも露出効果は得られます。
また「テレビで紹介された」という事実が実績にもなりますので、直接的な売上以外の間接的効果も期待できます。

いくらネットやお店で人気でも「テレビで観たから安心できる」というテレビ第一主義的な考え方の人もいらっしゃるでしょう。

いずれにしてもまだまだ侮れないコンテンツといえます。

テレビ放映時の特徴

テレビで商品・ブランドが紹介された時に起こる最大の特徴は公式サイトあるいは公式ショップのアクセス急増です。

多くの人がスマホを持っている現代。
テレビで紹介されたものに少しでも興味が湧いたら、まず最初に起こす行動は検索ではないでしょうか。

Google検索にしろSNSにしろ、最終的に公式サイトまたは公式ショップがあればアクセスします。
例えばお取り寄せグルメのような場合、価格帯が手頃なら、その場での衝動買いも起こります。

このように、まずは公式サイトやネットショップが受け皿となり、視聴者は商品・ブランドのことを知ったり、購買行動に移したりします。

一方、テレビ放映は熱しやすく冷めやすいのも特徴。
その時に興味を持ったとしても、しばらくすると忘れてしまう、なんてこともよくあるでしょう。

自在に変化する受け皿こそShopify

通常、サイトやショップにアクセスが急増するとサーバーに負荷がかかります

専門的な話は割愛しますが、一般的なWEBサーバーは通常処理できるアクセス数がおおよそ決まっています。
仮に通常以上のアクセス数を処理したい場合、一時的に大きな負荷にも耐えられるよう設定変更したりもします。

しかし、予期せぬアクセス急増に耐えられないとサーバーは停止
サイトやショップが開けずエラーが出たり、表示はされても注文の決済処理で止まってしまうこともあります。

2020~2021年にかけては新型コロナウイルスの影響でステイホームが推奨され、ネットショップの利用は急増しました。
テレビ番組もステイホーム前提の特集や企画を組んでいますので、ネットショップへの誘導が自然発生的に生まれました。

しかし、いざショップにアクセスするとページが開けない・・・
なんてこと、ありませんでしたか?

視聴者からすれば「後でまた見ればいいや」となりますが、実際に後で見返す人がどれだけいるか。。
ショップ運営者からすれば受け皿が足りないばかりに、貴重な水(視聴者)をどんどんこぼしてしまう事態になります。

Shopifyでショップ運営していれば、こうした心配は無用。
Shopifyが提供するクラウドサーバーは自在に対応してくれるからです。

Shopifyの対応力

具体的な数字で表すと、Shopifyなら1分間に10,000件以上の注文が入っても耐えられる設計となっています。
1秒間に50,000件以上のアクセスがきても問題ないという話もあります。

仮に処理が追い付かなかったとしても画面上で「決済待ち」となることはありますが、ダウンする心配はほぼありません。

まさに千載一遇のチャンスをきっちりと処理できるのです。

とはいえ、そもそも販売できる在庫が少なければ意味がありません。
そういった意味で、もしテレビで紹介されたタイミングで在庫が少なかったとしても、すぐにショップを更新して予約を受け付けたり、LINEなどに誘導して見込み顧客を獲得することはできます。

通常、テレビ放映でサーバーダウンした場合にはサーバーを復旧させる処理に追われます。
しかし、Shopifyのインフラなら顧客に対してアプローチする対応に変えることができるのです。

自社の対応に追われるか、お客様の対応に追われるか。

どうせ緊急的な対応に追われるなら後者の方が今後の発展にもつながるでしょう。

こうした恩恵は、ただShopifyでネットショップを運営しているだけで誰でも得られます。
Shopifyのどのプランを選択しても同じサーバー環境が利用できるからです。

商品やブランドを大きくしたい、発展させたいとお考えならプラットフォーム(カートシステム)はShopify一択です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です